Caligula マチュー・ガニオ

d0156092_6112792.jpg
マチューのカリギュラも鑑賞しました。
カリギュラの持つ気性の激しさ、狂気、怪奇、奇妙なイメージの役ですのでマチューがどのように舞台で演じるのか興味はありました。彼の踊りは非常に振付に忠実で美しいのですが、この役のキャラクターにはインパクトが薄いように感じました。レテシアは古典もコンテも踊れるレパートリー豊富なエトワールダンサーです、小柄な彼女ですがこの日も舞台上での存在感は大きくマチューとのペア相性も良く踊っていました。個人的な意見ではステファン・ビュリオンのカリギュラが何とも言えず良いです。このステファンはこの日Mnesterで出演していましたが私はなぜか彼の踊り、動きが好きな様です。今後の活躍を楽しみにしています。
この日、Shaerea役を踊っていたヤン・サイズの存在感も大きく、動きも滑らかで改めて良いダンサーだな~と思いました。怪我からの復帰に時間が掛かったせいもあり昨年11月の昇級試験ではプルミエ1席を獲得する事は出来ませんでしたが、今シーズンまで少なくとも前3年間は舞台上で姿を見ませんでした。。1996年から現在までSujetとして活躍中。「パキータ」のイニゴ役や「白鳥の湖」のロットバルト役など最近観た中では印象的でした。
※マチューは4月の「ロミオとジュリエット」もレテシアとペアを組むそうです。

写真=2月18日カーテンコール
[PR]
by balletplans-paris | 2011-02-20 06:11 | パリ・オペラ座バレエ
<< coppélia Rencontre CALIGURA 初日 >>