<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Serge Lifar/ Alexei Ratmansky Ⅱ

A.Ratmansky振付新作
d0156092_23102450.jpg

Psyché ・・初演2011年9月22日パリオペラ座
音楽・・C.Franck
振付・・A.Ratmansky
装置・・K.Kilimnik
衣裳・・A.André
照明・・M.Hakimi

Psyché・・ A.Dupont
Eros・・・・・ S.Bullion

Vénus・・・ A.Albisson

C.Franckによる音楽はR.プティ振付の「プルースト」でも一部使用されているものの馴染みはあるが、作品自体が全く異なるので気になることはなかった。。。が、最初何の作品に使われているか気が付くまでが頭の中でずっと探してしまった。。。当初Eros役で配役されていたH.Moreauに替わりS.BullionがA.Dupontと登場。
個人的にはS.Bullionの型にはまらない役作りは好みで、今回のA.Dupontとのパートナーとしての相性も非常に良い組み合わせと感じました!A.Dupontの存在は作品のイメージにとても合っており、うっとリ魅入ってしまいます♪
d0156092_2374724.jpg

ギリシャ神話に出てくる美女(人間)。
彼女はある小国の三人の王女の末娘でその美しさは評判だったが、それが美の女神アフロディーテを嫉妬させてしまう。アフロディーテは息子の愛の神エロスに命じプシュケーを醜い化物と結婚させるように仕向けさせた。

彼女の近くにやって来たエロスは金(恋)の矢でプシュケーを射ようとしたが、その美しさに一瞬心奪われて矢尻で自らを傷つけてしまい逆に彼女に恋をしてしまう。エロスはプシュケーを自分の妻にしたいと思ったが、アフロディーテの言いつけもある。そこで彼は一計を案じて王に彼女を化物の妻にするように神託を与え、彼自身がその化物になりすました。そして彼女には必ず闇の中で会い、決して自分の顔を見ないように約束させたのである。
エロスはプシュケーをとても大事にしたので彼女は幸せな日々を過ごした。だが妹の幸せを快く思わない姉達にそそのかされ、寝ているエロスの顔を見てしまう。約束を破られたエロスは怒り彼女の元を去っていった。

後悔したプシュケーはアフロディーテにエロスと一緒になることを許して貰おうと決意する。自分のプライドを傷つけて、更に息子まで奪いに来た娘にアフロディーテは怒り心頭。もちろん許す気もなく過酷な試練を吹っかけて追い返そうとした。だが一途な彼女は神々やエロスの助力もありついにその試練をやり遂げる。ゼウスも仲介に入りアフロディーテの許しを得た二人はようやく結婚できたのだった。
[PR]
by balletplans-paris | 2011-09-24 23:11 | パリ・オペラ座バレエ

Serge Lifar/ Alexei Ratmansky Ⅰ

d0156092_20512294.jpg
初日9月21日はストライキが決行されガルニエでのバレエ公演は中止に。。。翌22日は無事に公演が行われました^^が、同じく22日のバスティーユでのオペラ「ファウスト」はストライキの為コンサート型式との事でした。。。
バレエ公演ですが、幕開きにはデフィレが行われH.モロウの姿もありました!!!ラトマンスキー振付のPsyché降板がありましたが、怪我ではないようですね→12月のオネーギンにも配役されていますし、、、。

Phèdre パリオペラ座初演1950年6月14日
音楽・・G.Auric
振付・・S.Lifar
装置、衣裳・・J.Cocteau

フェードル・・M-A.Gillot
テセ王・・・・・N.Le Riche
エノーヌ・・・・A.Renavand
イポリット・・・K.Paquette
アリシエ・・・・M.O-Braham
d0156092_2053262.jpg

王テゼの留守中、王の後妻フェードル(王妃)は先妻の息子イポリットへの不倫の恋に苦しみ、乳母エノーヌに打ち明ける。テゼの死の誤報が伝わり、王子は父が滅ぼした先王の娘で虜囚のアリシーに求愛し、姫も愛に報いる。王妃はわが子の安全を訴えるため王子に会うが、情念に灼かれて真情を漏らし、「こんな恥ずかしい告白を、望んでしたとお思いか」と運命を呪い、自殺を図る。そこへ王テゼが生還し、王妃は乳母の勧めで、王子が不倫を仕掛けたように装う。王は弁解しない王子に海神の呪いをかけて追放する。王子の心を知った王妃の怒りで乳母は投身し、王子は海魔に殺される。王妃フェードルは罪を告白して毒を仰ぐ。
[PR]
by balletplans-paris | 2011-09-24 20:54 | パリ・オペラ座バレエ

Saison 2011-2012

d0156092_23472371.jpg
9月21日よりオペラ座シーズン2011-2012開幕!間もなく!!
21日、22日はデフィレ付き。
演目はS.Lifar「Phèdre」/A.Ratmansky「Psyché」 開幕前からエルヴェ・モロウの復活が話題になっていましたが、残念ながら降板のようです><
[PR]
by balletplans-paris | 2011-09-11 23:48 | パリ・オペラ座バレエ