Roméo et Juliette

d0156092_5525837.jpg
待ちに待った「ロミオとジュリエット」そしてマチュー・ガニオの何とまあ~ロミオは彼の今まで踊ってきたタイトルロール中でも格段に素晴らしい!!! ジュリエットとの出逢いからお互いの気持ちが高まりあってバルコンのシーンは喜びに満ち溢れ観客を魅了し続ける・・・そしてお互いの立場を理解し両家の間に立ち塞がる壁、、、これさえなければ2人はこのまま幸せになれるのに~・・・世界に引き込まれます。改めてバレエの芸術性に気付き感動しました。ジュリエット役のレテシアは活発な少女ジュリエットを見せてくれて気持ちの良い解釈でした。マチューとのパートナーシップも素晴らしく素晴らしい!ティボルトのステファンも独特の雰囲気が役にとても合っていて存在感も大きく言う事なし!剣を振る立ち回り姿もキレがあり目が離せません!マキューシオのマチアス君は持ち前のスター性で会場を沸かせ技術的にも素晴らしくこれまた良い!第一キャストは役者が揃っていて見応えありました。キュピレット婦人でムッサンが出演していました。気高いキュピレット婦人役ピッタリに気品高く存在感を感じました。

Romeo/ Mathieu GANIO
Juliette/ Laetitia PUJOL
Tybalt/ Stephane BULLION
Mercutio/ Mathias HEYMANN
Benvolio/ Christophe DUQUENNE
Rosaline/ Myriam OULD-BRAHAM
Paris/ Julien MEYZINDI
[PR]
by balletplans-paris | 2011-04-22 05:53 | パリ・オペラ座バレエ
<< MATS EK バレエ学校公演 >>