La Bayadère 2012

d0156092_05349.jpg
d0156092_23315718.jpg
d0156092_23342372.jpg
d0156092_23371870.jpg
3月22日の公演はフランス国内、ヨーロッパにて映画館中継が行われました。終演後にはこの日ガムザッティを踊ったLudmila Paglieroがエトワールに任命されました。
Ludmilaは今回のバヤデールには元々配役されていませんでしたが、3月20日公演中にガムザッティ役のDorotheが途中怪我降板。この日はManouを踊っていたMathildeが急遽ガムザッティVaから踊りましたが22日は怪我の為降板。ガルニエにて公演中のRobbins/EK両作品に配役されていたLudmilaは一日挟んで22日のバヤデールに登場しました(21日のAppartementに出演)。1幕ではニキヤ役のAurelieとの修羅場シーンは迫力に会場の誰もが引きつけられました。2幕の婚礼シーンも一日で合わせたとは思えない安定したテクニックでした。
今回のバヤデールでは既に怪我人が続出しています。それによりRobbins/EKプロでも日割り配役の変更が出ています。Ludmilaはこの先のRobbins作品からは降板しガムザッティ(24=14h30et20h,27) EK(Appartement 30,31=14h30)に出演予定です。

配役
Nikiya Aurelie Dupont / Solor Josua Hoffalt / Gamzatti Ludmila Pagliero
L'Idole doree Florimond Lorieux / Le Fakir Allister Madin
Le Grand Brahmane Yann Saiz / Le Rajah Stephane Phavorin
[PR]
by balletplans-paris | 2012-03-23 23:45 | パリ・オペラ座バレエ
<< L'Histoir d... La Bayadère 2012 >>