L'Histoir de Manon = マノン

d0156092_7415882.jpg
d0156092_7403470.jpg
d0156092_7382922.jpg
d0156092_737064.jpg
d0156092_7352152.jpg
d0156092_7331180.jpg
d0156092_726316.jpg
注目の「マノン」も終了してしまいました。配役もオスタ/ニコラ、オーレリー/ジョシュア、イザベル/マチュー、イザベル/フロリアン と最終的にはなりました。レスコー役もステファン、ジェレミー、アレッシオ、ヤンと個性的な面子でした。各公演、配役でもちろん観ていて感じ取る感覚も違ってきますし、わずかな芝居の違いなど発見できました。5月13日はオスタの引退公演ということでカーテンコールはプラスαとなり幕を閉じました。定年での引退ですが体力的にも技術的にも衰えを感じることはなく今回のマノンで本拠地パリでの舞台は最後と言う事だそうです。6月末からのアメリカツアーには参加予定で、ジゼル、アルルの女、等踊る予定だそうです。

個人的にはオーレリー/ジョシュア組がお目当てでしたが、本当に素晴らしく溜息の嵐です。ジョシュアの情熱的なデ・グリューは心を掻き乱されている状況が手に取るように伝わり、またオーレリーのマノンもそれに応えつつも華やかでゴージャスな生活に引き込まれていく様子など二人の歯車が噛み合いそうで合わないドラマ、、、が素晴らしかったです^^
[PR]
# by balletplans-paris | 2012-05-19 07:43 | パリ・オペラ座バレエ

La Bayadère 2012

d0156092_05349.jpg
d0156092_23315718.jpg
d0156092_23342372.jpg
d0156092_23371870.jpg
3月22日の公演はフランス国内、ヨーロッパにて映画館中継が行われました。終演後にはこの日ガムザッティを踊ったLudmila Paglieroがエトワールに任命されました。
Ludmilaは今回のバヤデールには元々配役されていませんでしたが、3月20日公演中にガムザッティ役のDorotheが途中怪我降板。この日はManouを踊っていたMathildeが急遽ガムザッティVaから踊りましたが22日は怪我の為降板。ガルニエにて公演中のRobbins/EK両作品に配役されていたLudmilaは一日挟んで22日のバヤデールに登場しました(21日のAppartementに出演)。1幕ではニキヤ役のAurelieとの修羅場シーンは迫力に会場の誰もが引きつけられました。2幕の婚礼シーンも一日で合わせたとは思えない安定したテクニックでした。
今回のバヤデールでは既に怪我人が続出しています。それによりRobbins/EKプロでも日割り配役の変更が出ています。Ludmilaはこの先のRobbins作品からは降板しガムザッティ(24=14h30et20h,27) EK(Appartement 30,31=14h30)に出演予定です。

配役
Nikiya Aurelie Dupont / Solor Josua Hoffalt / Gamzatti Ludmila Pagliero
L'Idole doree Florimond Lorieux / Le Fakir Allister Madin
Le Grand Brahmane Yann Saiz / Le Rajah Stephane Phavorin
[PR]
# by balletplans-paris | 2012-03-23 23:45 | パリ・オペラ座バレエ

La Bayadère 2012

d0156092_1911557.jpg
d0156092_19123381.jpg
d0156092_1995042.jpg
d0156092_19151119.jpg
Josua Hoffalt nommé étoile !!!!! Félicitation!!!!!

3月7日「ラ・バヤデール」初日にプルミエダンサーのジョシュア・オファルトがエトワールに任命されました!
パートナーはオレリー・デュポン(ニキヤ)、ドロテ・ジルベール(ガムザッティ)
[PR]
# by balletplans-paris | 2012-03-08 19:15 | パリ・オペラ座バレエ

Orphée et Eurydice

d0156092_0525651.jpg
公演日程は先週終わってしまいましたが、初日を観に行きましたのでご報告まで。。。
オペラとバレエ作品で振り付けはピナ・バウシュによるものでした。前回2008年にも鑑賞していますが印象が違いました。私は個人的にS.ビュリヨンの自然な美しい動きに目を奪われます。そして作品と音楽に反発しない雰囲気が観ていて心地よかったです。

音楽=Christoph Willibald Gluck
振付=Pina Bausch

Orphée(l'Amour)
Maria Riccard Wesseling (歌)、 Stéphane Bullion(ダンス)
Eurydice(la Mort)
Yun Jung Choi(歌)、Marie-Agnès Gillot(ダンス)
[PR]
# by balletplans-paris | 2012-02-20 00:58 | パリ・オペラ座バレエ

2013年パリオペラ座バレエ 日本来日公演

d0156092_2359814.jpg
“Les Enfants du Paradis”
既にご存知の方も多いかと思いますが、
パリ・オペラ座バレエ団(日本公演2013)『天井桟敷の人々』 (ジョゼ・マルティネス)
2013年5月25日26日愛知県芸術劇場大ホール、5月30日〜6月1日東京文化会館大ホール

http://parisopera.jp/
[PR]
# by balletplans-paris | 2012-01-30 00:01 | パリ・オペラ座バレエ